校長

 

 

 

 

 

山形中央高等学校HPにアクセスいただき、ありがとうございます。

 

本校は、終戦の翌年にあたる昭和21年8月に山形公民中学校として開校し、翌年には山形産業高等学校と校名を変え、戦後の混沌とした社会の要請に応えるべく産業経済の復興という使命のもと、有為な人材の育成に力を注いできたのが始まりであります。その後、昭和25年に現在の山形県立山形中央高等学校と改称し、昭和60年4月には山形市松山から現在の鉄砲町へ全面移転し、学級数は1学年7学級編成となりました。さらに、その翌年には県内唯一の体育科を設置し、一時期は1学年8学級編成で全校生徒数が千名を超えるときもありましたが、少子化の流れの中で二度の学級減を経て、現在は各学年とも普通科4学級・体育科2学級の6学級編成となり、在籍生徒数718名で4月からスタートしております。

本校は今年73周年を迎えますが、建学以来掲げる校訓「友愛・自由・平等・団結」を不変のものとし、教育目標を定め育てる生徒像を意識した教育活動を展開しております。近年の本校生徒の活躍には目覚ましいものがあり、運動部では野球部が春夏合わせて甲子園に4度の出場、プロ野球のドラフトで指名を受けた選手も出ております。また、スケート部は毎年全国チャンピオンを輩出し、インターハイ学校対抗でも男子優勝1回、女子は3連覇を達成、国際大会で活躍する生徒も出ております。陸上競技部は昨年の東海インターハイにおいて男子三段跳びで優勝したほか、女子200mでは準優勝、女子トラック競技や学校対抗でも入賞するなど活躍しました。この他にもサッカー、バレーボール、バスケットボール、ハンドボール、ラグビー、ソフトテニス、柔道、水泳、スキーなど多くの運動部が全国大会出場を果たし活躍しております。また、文化部では、吹奏楽部が昨年の全日本吹奏楽コンクール県大会で金賞、東北大会では銀賞、2月のアンサンブルコンテスト東北大会では2部門で金賞を獲得するなど活躍しました。このように運動部、文化部ともに多くの部が、全国の舞台で活躍しております。卒業生の中には、野球やサッカーなどプロで活躍する者や、昨年2月に韓国・平昌(ピョンチャン)で行われた冬季オリンピックでは、スピードスケートの加藤条治選手をはじめ5名の本校卒業生が出場し活躍しました。

一方、学習・進路面での取り組みにも力を入れており、探究型学習を実践するなど生徒は自分の進路志望達成に向けて日々努力しております。今春の卒業生の進路状況は、四年制大学に166名(国公立大学46名、私立大学120名)、短期大学が11名、看護・医療系を含む専門学校等には36名が進学しました。また、就職については警察官などの公務員や民間企業等へ23名が進んでおります。

これからも、地域との繋がりを重視しながら、生徒と教職員、保護者が一致協力して、生徒一人ひとりのさらなる成長と、山形中央高校が一層魅力ある学校、地域から信頼される学校となることを目指して学校運営を推進してまいりますので、多くの皆様方からの御理解と御協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

平成31年 4月

校 長 齋藤 和哉