トップページ

ホームページ

NEWS

Ⅰ教育目標

平和で民主的な社会の形成者としての責任を自覚し、厳しい現実をたくましく生きる、心身ともに健全な人間の育成を目指し、次の目標を定める。
一.知性を愛し、自ら学ぶ喜びに燃えよう
一.視野を広め、豊かな自己の創造に努めよう
一.心身を鍛え、たくましい覇気と行動に徹しよう

Ⅱ校訓

 友愛  自由  平等  団結 

Ⅲ学校経営の方針


  1. 「校訓」を基本理念とし、「自主・友愛・気魄」を教職員・生徒のモットーとして、日常の生活・行動に活かした教育実践をめざす。
  2. 全教職員が、教育活動の全領域にわたって、生徒理解を基盤に据えた指導を実践し、生徒一人ひとりが意欲的に学校生活が送れるような気運の醸成に努める。
  3. 普通科・体育科併置校である特色を踏まえ、学力の充実・向上を土台にしての自己実現に努力させるとともに、部活動・社会参加活動など幅広い教育活動を推進する。
  4. 部・学年・学科・教科それぞれの経営と学校経営との一貫性を保ち、PTA・同窓会・教育後援会・体育文化振興会および学校評議員会と連携して、組織的に教育目標の具現化を図る。

Ⅳ本年度の重点目標

第五次山形県教育振興計画(後期)の重点施策テーマの「変化する時代を主体的に生き抜く力をはぐくむ『いのちの教育』」と本校の教育目標を受け、昨年度の保護者アンケート、教職員による自己評価をもとに、「心豊かで健やかな人間の育成」を目指し、重点目標を設定し、教育活動を展開する。

  1. 普通科・体育科併置校として、互いの良さを認め合い、支え合いながら成長する生徒を育てる。
    ・集団の一員として互いの行事等に積極的に関わり、帰属感と一体感を醸成する。
  2. 情報の共有により、教職員同士の同僚性を高め、何事も全校の協力体制で取り組む。
    ・日常的な意思のキャッチボールを通して共通理解を深め、高い協働意識のもと、一人ひとりが主体的に教育活動に取り組む。
  3. 常に相手の身になってものごとを考える「優しさ」と「思いやり」の心を持った生徒を育てる。
    ・各種行事・活動等を通して豊かな感性と情操を育むとともに、特別活動等を通して良好な人間関係を構築させる。
  4. 生活及び学習規律の確立を通して学習習慣の定着と学習意欲の向上を図るとともに、高い志を掲げ、自主的・自律的に学び続ける生徒を育てる。
    ・部活動を通して生活規律・態度の指導を徹底するとともに、学校生活と家庭生活のバランスを図り、学習時間を保障し、意欲的に自己実現を目指す生徒を育成する。
  5. 文武両道において、生徒一人ひとりの良さを見つけ、引き出し、最大限に伸ばすことができるよう、組織的・系統的に教育活動を展開する。
    ・教育活動において生徒と向き合う時間を確保するとともに、部顧問・学年・教科等の連携を密にし、多様な「ものさし」で生徒を評価し指導する。
  6. 習得した知識や技術の社会還元と新たな能力開発に資するよう、生徒に多様な成長と活躍の機会・場を提供する。
    ・地域全体を「学習フィールド」と捉え、社会貢献活動等への参加を奨励するとともに、各種資格試験にも積極的に挑戦させる。
  7. 生徒一人ひとりが安心して学校生活を送ることができるよう、安全な教育環境の整備に努める。
    ・定期的な安全点検を実施するとともに、生徒一人ひとりの不安や悩みに応える「人間性」を大切にする指導を徹底する。
  8. 学校の教育活動を積極的に発信するとともに、保護者・地域の「思い」や「願い」を踏まえた学校づくりを推進する。
    ・様々なチャンネルを通した情報の発信・受信により、保護者・地域との連携・交流の充実・深化を図り、学校改善に努める。